子供の成長期にプラセンタが必要な理由とその効果について|成長期に必要な栄養補給

プラセンタ」という言葉を聞いたことはありますか?

プラセンタは女性のお肌のためのもの―そんなイメージが強いのではないでしょうか。

食品や医薬品、医薬品など様々なものに配合されていますが

実は成長期の子供にも必要不可欠な栄養素だということをご存知でしょうか?

 

むしろ成長期の子供にこそとってもらいたい栄養素なんですよ。

キーポイントは成長因子

プラセンタには、“成長因子”が含まれています。成長因子とはなにかというと、

最近美容業界や医療業界などでも注目されているたんぱく質の一種のこと。

 

私達の体の中で、細胞の増殖だったり分化を促してくれる役割が期待できるんですね。

 

では、この成長因子と子供の発育とで何が関係しているのか?

というと、それこそが“成長ホルモン”の働きなんですね。

 

成長ホルモンの働きを正してくれるのが成長因子

 

成長ホルモンは子供たちが寝ている間に活発に分泌されるホルモンの事。

活発に分泌されることで、骨や筋肉など身体の様々な部分の成長を促してくれる重要なホルモンです。

 

子供が低身長の懸念がある場合などは、小児科医で成長ホルモンを注射などで定期的に摂取させて、成長を促す治療があるほど。

それほどにまで、成長ホルモンは子供にとって重要なものなんですね。

 

ではこのホルモンとプラセンタの持つ成長因子はどのような関係があるのかというと、

成長因子には成長ホルモンが正しく働くようにサポートしてくれる役割があるんですね。

 

タンパク質の補強の手助けもしてくれる優れもの

 

さらに、プラセンタにはタンパク質を強くしてくれるサポーターとしての役割も期待できます。

 

タンパク質は筋肉や骨、お肌や髪の毛など私達の体のありとあらゆるものを構成してくれている重要な成分です。

又タンパク質が作りだすコラーゲンに関しては、新しい骨を作りだすうえでも欠かせない成分です。

 

つまりはそれだけ、タンパク質は大切な役割を担っているんですね。

 

プラセンタを食事で補うことはできる?

 

じゃあプラセンタが含まれている食材を使って、プラセンタを子供に補わせてあげたい!

―そんな風に考えている親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらそれは難しい話。

 

というのも、実はプラセンタは主に豚や馬の胎盤に含まれているものだからなんですね。

これを食事に取り入れようと思っても難しい話ですよね。

 

プラセンタの補給には子供向けの栄養補助食品を使って

 

かといって、じゃあ大人と同じサプリメントでプラセンタを補給するのは絶対にやめておきましょう。

大人と子供では身体の大きさも違えば、身体の中の臓器の機能だって違う。

 

特にそれが幼児のお子さんであれば、まだまだ身体の中の臓器の機能は未発達です。

思わぬ健康被害だってもたらしかねません。

だからこそ、成長期のお子さんにプラセンタを補うのであれば、お子さん向け栄養補助食品を補ってあげる必要があるんですね。

 

専用のアイテムであれば、子供の体に負担無く栄養素を吸収しやすいように工夫されていますよ。

食事では補えない栄養素だからこそ、こういったアイテムを上手に使うようにしましょう。

おススメの栄養補給食品 ベスト3

1位 アスミール
2位 セノビック
3位 ミライスター

コメントを残す