成長期に身長を伸ばすにはどんな運動が向いているのか? | 成長期に必要な栄養補給

成長期の子供がぐんぐん健やかに大きくなるために必要なもの

―それは何度もお伝えしている通り「食事(栄養)」「運動」、そして「睡眠」。

今回はこの中から運動をピックアップして、ずばり“成長期の身長伸ばすおすすめ運動”として厳選した2つをご紹介したいと思います。

お子さんとの休日に身体を動かしたい方、運動部をお勧めしたいけれど何がベストかわからない方、ぜひチェックしてみてくださいね。

成長期におすすめの運動①バスケットボール

身長を伸ばすために必要な動きとして、に対して縦方向刺激を与えてくれるものが推奨されています。

そこでおすすめしたいのが、バスケットボールです。

バスケットボールの動きを思い出してもらえればわかるかと思いますが、試合のスタート時にもジャンプ、シュートするときにもジャンプ、ドリブル時も軽い上下の運動が加わっています。

ジャンプを沢山する競技は他にも沢山ありますが、中でもバスケットボールを推奨するのは、“過度なジャンプ”ではないという事。

協議中にジャンプをする場面がいくつかあるものの、常にジャンプをしているわけではなく、コートの中を走り回っている方がメインだったりする。

パス回しなんかも多いですよね。

つまりは、骨への縦方向への圧力のバランスが丁度いいというわけなんですよ♪

同じ理由として、バレーボールなんかも◎ですよ。

 

成長期におすすめの運動②スイミング

続いてご紹介したいのは、スイミングです。

上記のバスケットボールとは似ても似つかない運動競技ですが、実はスイミングも身長を伸ばしたいお子さんにはとってもおすすめ。

その理由は、スイミングは全身の筋肉をバランス良く使うからなんですね。

その為、全身の骨に対してもバランスよく適度に刺激を与えてくれます。

様々な泳ぎのフォームがありますが、中でもクロールは縦方向に伸びるフォーム。一番身長を伸ばすうえでは、おすすめですよ。

又、これに加えて、スイミングは成長ホルモンの分泌を促してくれる運動の一つとも言えます。

その理由は、スイミングが無酸素運動だからなんです。

泳いでいる間、息継ぎをしていない水中にもぐっているときに、私たちは息を勿論止めていますよね。

この無酸素の状態は、体感したこともあると思いますがとっても身体に負荷がかかりますよね。呼吸をしないんだから当然です。

この負荷が実は大切で、この負荷を何とかしよう!と身体が察知して分泌されるのが成長ホルモン。

成長ホルモンが分泌されることで、身長アップにつながるんですよ。(だからといって長い間息を止めるのはNG!息継ぎの有酸素運動との組み合わせも◎なんですから^^)

 

まとめ

いかがでしたか?とはいえ、やみくもにバスケットボールやスイミングばかりをするのはご法度。

冒頭でもお話した通り、食事や睡眠とのバランスだって大切です。

あくまでも運動も身長を伸ばすうえでの1要素として、参考にしてみてくださいね♪

おススメの栄養補給食品 ベスト3

1位 アスミール
2位 セノビック
3位 ミライスター

コメントを残す