身長を伸ばすうえでお勧めしたいストレッチ術 | 成長期に必要な栄養補給

身長を伸ばすうえでおすすめの運動をこちらの記事でご紹介しましたが、今回は運動とは切っても切れない“ストレッチ”をご紹介したいと思います。

こちらの記事を読んだ方からすると、「ジャンプもしないし、無酸素運動でもないじゃん!」なんて声も聞こえてきそうですね。

確かに、ストレッチという行為自体によって身長が伸びるという可能性は極めて低いかもしれません。

ですが、ストレッチを行うことで、運動効率も確実に上がります。それに加えて、姿勢も正されますし身体自体に柔軟性も出てくる。

つまりは、ストレッチを行えば“身長を伸ばすきっかけ作り”につながるんですよ。

実際に今回はいくつかおすすめのストレッチをピックアップしてご紹介しますので、運動前後は勿論、入浴後等積極的に行ってみてくださいね^^

身長対策ストレッチ(1)ベッドでごろん♪就寝前にリラックス

  1. まずは仰向けになってください。
  2. 両手の指を組みましょう。そうして頭上にまでゆっくり伸ばしてみましょう。
    グーッと伸びをすると気のようなイメージですね。
  3. 目線は頭上の組んだ手を見るようにして、足先までグーッと伸びてください。
  4. このポーズを約10秒間キープしましょう。
  5. これを1セットにして、5セット程度行ってください。

 

身長対策ストレッチ(2)猫背さんは積極的にトライしてみて♪

  1. まずはうつぶせになってください。
  2. 両手に伸ばしましょう。
  3. 今度は両足を縦方向に伸ばしましょう。今の時点でT字のような形になっているはずです。
  4. この状態のままで上体を背筋運動のようにそらせましょう。
    首やあごもピンと伸ばしてあげて、両足ももち上げてみてください。この状態で10秒程度キープ
  5. そうしてゆっくり体をもとの状態に戻して、リラックスしましょう。
  6. これを1セットにして、5セット程度行ってみてください。

 

身長対策ストレッチ(3)椅子に座ってながらストレッチ♪

  1. まずは椅子に座った状態から始めましょう。
  2. 両掌を軽く握ってください。
  3. 両肘は曲げた状態にしておきましょう。
  4. 両肘から握りこぶしまでの腕の部分を肩の高さまでゆっくりあげてください。
  5. そのままの状態で、今度は両肘を後ろに引いて下さい。胸が開くようにぐーっとじんわり広げていきましょう。
  6. この状態で“ふぅー”っとゆっくり息をはいて、3秒程度キープしてください。
  7. 元の状態にゆっくり戻りましょう。
  8. これを1セットとして、10回前後トライしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、どのストレッチも手軽に行えるものばかりをご紹介しました。

とはいえ無理は禁物です。痛ければ効果がある!なんてのは勘違いで、逆効果になってしまいます。

あくまでも『痛いけど気持ちいい』ような感覚を得られるくらいに留めておいてくださいね。

身体が元々硬くてうまくできない人は、身体が温まっているお風呂上りに行うのもおすすめ。

又、上記ストレッチ中に呼吸を意識的に行うと、身体も柔軟になりやすいですよ。

おススメの栄養補給食品 ベスト3

1位 アスミール
2位 セノビック
3位 ミライスター

コメントを残す