成長期に身長を伸ばすための睡眠-気になる時間のアレコレ | 成長期に必要な栄養補給

学校の宿題だけではなく、塾からの課題。

それに加えて、ゲームやスマホだって必須アイテム!-そんな成長期のお子さんも多いはず。

そうなると必然的に気になるのが睡眠時間です。

時間そのものもそうですし、時間帯や質だって気になる親御さんも多いはず。

とはいえ、何度もお伝えしている通り、成長期に身長を伸ばすために必要不可欠なのが「食事(栄養)」「運動」、そして「睡眠」です。

というわけで今回は、成長期に身長を伸ばすためのキーポイントの一つである睡眠の“時間”にスポットを当ててお話をしていきたいと思います。

 

成長期の理想の睡眠時間って?

睡眠時間には、理想があるといわれています。

例えば、小学生の場合、理想の睡眠時間は約10時間前後とされています。

中学生から高校生の場合は8時間前後。

とはいえ、実際問題は全く足りていないというのが現状だといいます。

平成23年の社会生活基本調査によると、日本人の平均睡眠時間は、10〜14歳で8時間35分。

15〜19歳だと7時間42分。

うーん…冒頭でお話した通り、勉強は勿論ゲームやスマホに夢中になってしまって夜更かししてしまう子供も少なくないでしょう。

日に日に睡眠時間少なくなっていくというのも、いうなずけますよね。

 

理想の睡眠時間を確保するには?

とはいえ、忙しい現状はなかなか変えられないのは、大人だけでは無く子供も一緒。

塾をやめるわけにもいかないでしょうし、宿題をしないわけにもいきません。(スマホやゲームの時間は制限することを大前提としていますよ!)

そこでおすすめしたいのは、“朝に比重をおく”ということなんです。

例えば夜に行っていた勉強を、朝早起きして行ってみるのはどうでしょうか。

最初は眠くてなかなか大変かも知れませんが、習慣づけば大丈夫。

朝は集中力も高いといわれており、勉強の効率も夜より高まる可能性が高いでしょう。

夜にだらだらやるよりも、朝の限られた時間に集中して行ったほうが記憶力も高まるかもしれません。

 

成長ホルモンを活発に分泌させて身長を伸ばそう!

身長を伸ばすうえで重要な役割を果たしてくれるのが、成長ホルモンです。

その名の通りで、人間の体を成長させる上で欠かせないホルモンの一種ですが、このホルモンが体内に分泌されることで身長も伸びていくんですね。

成長の一番の材料とも言えるでしょう。

そんな大切な材料ですが、どのタイミングで活発に分泌されるかというと睡眠時

だからこそ、しっかりとした睡眠時間を確保して、尚且つ質の良さも大切になってくるんです。

朝時間を有効的に活用し、そこに加えてスマホやゲームなどは夜遅くまでやらない等ルールを設けてみてください。

睡眠の質に関していえば、スマホなどのブルーライトは脳の神経を興奮させてしまいます。

なかなか寝付けないお子さんは、もしかすると枕元にスマホをおいて、いつまでもだらだらと見てはいないでしょうか。

ちょっとした習慣を変えてあげることで、意外にも身長はぐんぐん伸びていくかもしれませんよ。

おススメの栄養補給食品 ベスト3

1位 アスミール
2位 セノビック
3位 ミライスター

コメントを残す