子供の成長期にマグネシウムが必要な理由とその効果について|成長期に必要な栄養補給

カルシウムに関してはある程度の知識があるものの、マグネシウムについてはその詳細をご存知ない方が多いようです。

ですがカルシウムと同じ位、マグネシウムだって成長期の子供たちには必要不可欠な栄養素。

だからこそ、今回はそんなマグネシウムの働きをご紹介。

こちらの記事を読めば、いかに子供たちに欠かせない栄養素かを分かっていただけるはずです。

 

マグネシウムってどんな栄養素?

 

マグネシウムの主な働きは、

  1. 骨や歯を作り出す材料となる。
  2. 代謝の機能を調節してくれる。
  3. 体温機能の調節や筋肉の収縮、ホルモン分泌サポートもしてくれる。
  4. 必要以上の神経の高ぶりを抑えてくれる。など

骨や歯といえばカルシウムのイメージが強いかと思いますが、実はマグネシウムも同じように骨や歯を作り出す重要な栄養素。

 

そこに加えてキーポイントはホルモンの分泌のサポート。成長期にすくすくと育つ上で欠かせないのが成長ホルモンです。

寝ている間に分泌されるという成長ホルモンですが、特に最近は睡眠時間が足りていないお子さんが多いといいます。

 

塾や習い事に忙しく過ごすお子さんが多く、又テレビやスマートフォンの普及でついつい夜遅くまで夢中になってしまうことも珍しくないんだとか。

そんな生活では、せっかくの成長期も台無し。成長ホルモンの分泌量が減少してしまいます。

 

だからこそ成長ホルモンを活発に分泌してくれるマグネシウムは、現代の成長期のお子さんにこそ必要な栄養素ということがこちらからも見てとれるかと思います。

 

マグネシウムを摂れる食材とは?

 

じゃあマグネシウムを積極的に摂りたい!とは思っても、なかなか豊富に含まれている栄養素のイメージを想像できない方が多いかと思います。

 

カルシウムは牛乳、チーズなんてイメージがすぐに湧くのに…不思議な話ですね(笑)というわけで、以下を参考にぜひ積極的に食卓の材料として並べてみてください。

マグネシウムを多く含む食品】

  • 野菜全般
  • 大豆系食品…豆腐や納豆等
  • 穀物類…玄米
  • 魚介類…干しエビやわかめ、ヒジキ等
  • 種実類…アーモンドやごま等

意外にも様々な種類に豊富に含まれているんですね^^

 

ちなみに野菜全般に多く含まれているのは、マグネシウムがクロロフィルを構成している元素だからなんですよ。

 

カルシウムと兄弟成分のマグネシウム―一緒に上手に補給してあげる

 

成長期に欠かせないカルシウム―実は沢山摂ったとしても、

マグネシウムも同時に摂取しないと体の中のカルシウムのバランスが崩れてしまうんだとか。

 

その結果、不必要な分のカルシウムは体外に排出されてしまうんです。

しかもこの時、カルシウムだけではなくマグネシウムも一緒に排出されてしまうんです。

 

つまりはカルシウムとマグネシウムは切っても切れない関係なんですね。

だからこそ、カルシウムだけではなくマグネシウムも一緒に摂ることが大切です。

 

普段の食事で中々そこまで考えてバランスの良い献立を考えるのが難しいようであれば、栄養補助食品を上手に活用してあげましょう。

カルシウムとマグネシウムのバランスがしっかり考えられており、最近では沢山のママたちが活用しているようですよ-^^

おススメの栄養補給食品 ベスト3

1位 アスミール
2位 セノビック
3位 ミライスター

コメントを残す